着物の中古品を売る方法

着物の買取店では意外なものまで売れることがあります。こんなものは買い取っても中古で買い取ってくれるような人はいないのではないか、というのはこちらの思い込みで、着物と一緒に購入する人は意外と多いものなのです。

着物の中古品を売る方法 > 着物の買取店ではこんな物まで売れる

着物の買取店では意外なものまで売れることがあります。こんなものは買い取っても中古で買い取ってくれるような人はいないのではないか、というのはこちらの思い込みで、着物と一緒に購入する人は意外と多いものなのです。

着物小物

バリエーション豊かにおしゃれをしながら着物を楽しむなら和装小物をたくさん持ち季節や場所に合わせて取り替えることが必要です。和装小物は着物をコーディネートする重要なアイテムです。着物の買取専門店では着物や帯と同じように和装小物も積極的に買い取ってくれるところがほとんどです。 小物で高額を期待できるのは、着物や帯と同様に伝統工芸品や有名作家のもとで作られた帯締めや帯留めです。ランクにもよりますがそれらなら単品でも十分に高額買取を期待することができます。帯締めや帯留めを査定に出すときにはそれが伝統工芸品や有名作家によって作られたものであるかどうかを確認しておきましょう。 収納箱と言うものはほとんどの和装小物にはついてきますが買取に出すときには必ずその箱に入れて査定してもらいましょう。買取店では収納箱があるかないかで査定額に差が出ることがよくあります。それは中古で売るときに箱があればより完璧な状態で保管されてきたと言う証拠になるからです。箱がないとどうしても形が崩れてきますし傷もつきやすくなります。和装小物には箱は必須と考えてなくさないようにしましょう。 着物は帯や小物とセットになって1つのコーディネートが完成しますので買取に出す時にも着物と同じタイミングで揃えて出すと良いでしょう。着物と同系色で着物の雰囲気をぎゅっと引き締める小物や帯と同じ柄の帯締め等は買う側にも次に購入する人にとっても価値があるものです。ぜひセットで買い取ってもらってください。

振袖

女性なら一度は着たいと思う振袖ですが現代ではあまりその姿を見かけなくなっています。ただ成人式では全国各地で今もなお振袖が主流となっているようです。テレビなどで華やかに着こなす女性たちの映像は毎年の恒例になりましたが、成人式で一度着たままの振袖がタンスの中に眠っているということも多いのではないでしょうか。 以前は大学の卒業式や友人の結婚式などに参加する時にも振袖を着ていたものでしたが、今では楽に一日過ごせるワンピースやドレスを選ぶ女性も多くなっているようです。振袖は準備に時間がかかり着付けも大変、着た後でも後片付けに注意を払う必要があるので面倒に感じるという理由もあるのかもしれません。 着なくなった振袖があり譲る先も思い当たらない場合は着物を買い取る部門のある専門業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。着物の知識が豊富なスタッフが大切な振袖を査定してくれ相場を考えて買取額を提示してくれます。もしその額に納得できなければ引き取ってくることも出来ますし納得できればすぐその場でお金と引き換えに買い取ってもらうことができます。 最近の買い取り店は一切強引なところはなく買取方法も多種多様で相談しながら売買をするかどうかを決めることができるので気楽に問い合わせてみてください。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】



 

反物

着物で高級と言われている素材である絹は匁という単位で表されます。反物も着物と同様に絹で織られているものが1番買取額が高いと言われています。逆にウールやポリエステルなど一般的によくある素材の場合はそれほど評価は高くありません。絹で織られているような反物を家に置いておくのはもったいないのでぜひ着物の買取を行っている専門店で査定してもらうとよいでしょう。 作ったのが有名作家によるものかどうかという事も査定額に大きく響いてきます。人間国宝と呼ばれる人や有名着物作家はたくさんいてどの人が最も評価が高いからと言う事を比べることはできません。ただステータスとしてその反物や着物の価値が上がるという意味合いなのでしょう。また伝統工芸品かどうかということも重要です。友禅や大島紬などであれば買取額は格段にアップするでしょう。 査定に出す反物が織もと元のしっかりした高級なものであってもそれを証明するものがないとなかなか買取額に反映されにくいものです。それを証明するのが証紙と言うものです。着物や反物にはどこで作られ作者は誰でありどのような織り方がされているかなどが詳しく記されています。反物を買ったときにはついてきているはずですので一緒に揃えて買取店に持っていくと良いでしょう。 着物は着丈が長いか短い等も査定に関わってきますが反物の場合はこれから着る相手に合わせて着物を仕立てるのでサイズの制約がありません。その意味では店によっては買い取りやすい状態であると言えるでしょう。つまりたものはデザイン色柄に加え素材や品質が重要であり有名作家のものであるか伝統工芸品であるかと言うことで一気に買取額が上がるものといえます。

七五三着物

日本では古来から子供が3歳5歳7歳になると健やかな成長をお願い清掃をして神社やお寺にお参りに行く習慣があります。親も正装で出かけることが多いのですが子供達も七五三用の着物を着て行くことがほとんどです。毎年11月頃になるとあちらこちらの神社や仏閣では親子連れが晴れやかに 産廃に訪れる姿が見られます。 七五三用の着物は呉服店やデパートなどで売られており一生に一度の行事だからと親御さんたちは子供たちへの贈り物として買っていかれることが多いです。ただ子供はすぐに成長して体が大きくなるため最初に大きめのサイズを買ったとしても多くて2回しか着ることはできません。そのためタンスの中にしまいこんだままになるというケースも多くあります。 もし孫の代までとっておくならばかなり保管の仕方に気を付けなければいけません。たとえ桐のタンスといえども年に一回は外に出し天日干しする必要がありますし年月が経てば着物も自然と色が変わり傷んでくるものです。何十年とタンスにしまっておくよりも着物の買取店で高く買い取ってもらう方が良い場合もあります。 最近の買い取り業者は無料でサービスも行っておりたとえ七五三の着物を売る気持ちがなくても相談に乗ってくれることもありますので一度問い合わせてみると良いでしょう。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】



 

着物のシミや汚れ

和服のシミや汚れはどうしても避けられないものです。桐のタンスにしまっておけば虫はつかないと言われますがうっすらとしたシミはやはり浮き出てくるものですし桐なら100%虫食いを防ぐことができるというわけではありません。何年も経てば洋服と同じように着物もだんだんと古びた感じになっていきます。 ただ今はアンティーク着物というものが好まれていてその渋さとレトロな感じが受けているため古びてしまったからといってすぐさま処分しなければならないということはありません。 外国の人も着物のファンが多く着物の新しい古いに日本人ほどこだわらない場合が多いので外国の方には古い着物も喜ばれることが多くあります。 リメイクの分野でも着物は生かされています。古くなりもう処分するしかなくなったような着物でも昔の着物は生地が丈夫でしっかりと織られているので再び別のものとして生まれ変わっても十分使えるだけの耐久力があるのです。 少しぐらいのシミや汚れなどはリメイクする段階で全く見えなくなったりその部分は使わなかったりするので問題ありません。 汚れやシミが目立つ場合は買取は無理でも他の着物と一緒に無料で引き取ってもらえることもあります。自分でリメイクなどをする予定がない場合は無料の引き取りを依頼してみても良いでしょう。