着物の中古品を売る方法

不用品を買い取ってもらう時にどうやって買取店に買い取ってもらうのか、一度も利用したことがない人は疑問に思うかもしれません。とても簡単な買取専門店への買取方法について調べたことをまとめました。

着物の中古品を売る方法 > 買取ってどうやるの?

不用品を買い取ってもらう時にどうやって買取店に買い取ってもらうのか、一度も利用したことがない人は疑問に思うかもしれません。とても簡単な買取専門店への買取方法について調べたことをまとめました。

店頭買取

着物やバッグ、アクセサリーなどでもう使わなくなった物を処分したいときは買取店に売却するのがよいでしょう。その時に一番分かりやすく頻繁に行われている方法は店頭買取というものです。それは自分で売りたい物をまとめて家から行ける場所にある不用品買取専門店まで品物を持っていき、その店舗内で査定・買取してもらうという方法です。 店頭買取はあらかじめ自分の都合の良い日時を指定して行けばよく、店の中で査定員の人とゆっくりと向き合って査定を進めてもらうことができます。聞きたいことを話し合いながら進めることができ、もし分からないことがあっても店内のスタッフや資料などからすぐに答えを聞くことができて安心です。もし買取に至ればその場で査定額を手にすることができるので即日現金を受け取れるメリットがあります。 しかし売却したいものが1~2つ程度なら店舗まで持っていくのも問題ありませんが大量の場合は荷物をまとめて運ぶだけでも大変な労力です。自転車や電車では不可能ですし、もし車に乗らない人ならなんらか手段を考えなければならず、余計な経費を自腹で支払うことになってしまいます。店での買取額に納得できなければまた持ち帰ることになることを考えると状況によっては店頭持ち込みも不便なこともあります。 もし少しでも早くお金が必要ならは店頭買取がおすすめです。店のスタッフの人と十分やりとりして納得できる査定金額で売却することを目指しましょう。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】



 

宅配買取

着物などの不用品の買取方法には宅配買取というものがあります。店へ品物を持って行ったり店の人に自宅に来てもらうのではなく、品物のみを郵送で届ける方法です。宅配による査定を予約したら、買い取ってほしい品物をダンボールに詰めて買取店宛てに送ります。買取店では品物を受け取ったら開封し、査定に入ります。査定が終わったら合計金額を依頼者に知らせ、OKならお金を口座振込し買取完了となります。 宅配買取は店と時間を合わせて予約をする必要がなく、自分のペースで作業を進めることができます。あまり人と顔を合わせたくない人にとっても安心して利用できる方法といえるでしょう。宅配買取を行っている店のほとんどは品物を梱包する箱や配送料は店が負担してくれますので、利用する人は売りたい品物を箱に入れて近くの配送業者に持っていくだけですむところがメリットです。 宅配買取は時間を自分のペースで使うことができるところがメリットですが、箱詰め作業や配送手続きなどはミスなくきちんと自分でやらなければなりません。段ボールに入れる物によって、傷をつけずに荷作りするコツがあるので、買取店まで破損なく到着できるように工夫して箱詰めするようにしましょう。配送業者がもし遠い場所にしかない場合はコンビニなどでも可能かどうか確認するとよいでしょう。 査定額が予想よりもはるかに下回った場合はまた荷物を送り返してもらうことになりますが、返却の時の配送料は自腹で出すことになる場合が多いので、はじめからしっかりと確認しておきましょう。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】



 

出張買取

高級着物やブランド品などでもう不要になった物を買取店に売却する場合、出張査定という方法があります。自分が店に品物を持っていくのではなく、買取店からスタッフが自宅まで来てくれるというものです。自分の都合のよい日時を買取店に伝え、店から査定員が来られる日と折り合いがつけばその日までに売却したい物を選定しておくだけでOKです。 出張買取は家の不用品をまとめて売却したいときに便利な方法です。例えば遺品整理でいろいろな種類の品物が家の中に残っており、どれを買い取ってもらえるかが分からない場合はスタッフに直接見てもらいまとめて査定・買取をしてもらうことができます。引っ越しなどでなるべく多くの物を買い取ってもらい荷物を減らしたい時も同様です。その場で現金受け取りも可能なので一気に物の片づけが進むはずです。 店の人が家まで来てくれるのはとても楽ですがスタッフの人に取引のペースをリードされがちという側面もあります。申し込む時にどの品物を査定してもらうか、提示された金額が思っていたより少なくても売却するか、それともいったん保留にして他の買取店と比較するか、等の心づもりをきちんとしておくことは大切です。わざわざ出張してきてくれたことに気後れせず、自分のペースで取引を進めていくようにしましょう。 最近は出張費が無料とうたっている買取店も多くなってきました。遠慮することにく無料出張買取をどんどん活用してより高額で買い取ってくれる業者を探してみることをおすすめします。

リサイクルショップ買取

街中でよく見かけるリサイクルショップは中古日用品の買取と販売を行っている店です。中古品だけではなく、貰い物で家では使わない新品同様のものや、見本などで展示されていてまだ一度も使ったことのない新古品と呼ばれる物もあり、掘り出し物も多く見つけることができます。多彩な品ぞろえで意外なものや珍しいものまで置かれていることがあるので、立ち寄ってみるだけでもなかなか面白いものです。 リサイクルショップは地域に密着したところが多く、街の人たちが気軽に立ち寄れるところがメリットです。リピーターも多く、たとえ何も売り買いしなくても行きやすい所です。また高級品やブランド品にこだわらないので、家の不用品を処分したいという人は買取額にあまりこだわらずに売却していく傾向があります。店の名前の通り自分にとっての不用品を他の人が買って役立てるための店と言えるでしょう。 その一方で高く売れる可能性のある宝石やブランド時計などはリサイクルショップでは的確な評価を得られない傾向にあります。そもそもリサイクルショップに高級品が持ち込まれることが少なく、査定実績がないため店員さんの専門性もあまり高くないためです。総合的にいろいろなジャンルの品物を受け入れる代わりに特別な価値のある品物については取り扱いが少ないと言えるでしょう。 日用品で不特定多数の人が使えるような物を再利用してもらうつもりで利用するのにはリサイクルショップは最適でしょう。ほとんど新品の物や中古でもまだ十分使える物があればリサイクルショップに持って行くのがおすすめです。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】



 

質屋買取

買取専門店と並んで高級品を中心に買取業を行っているとこに質屋があります。質屋ではお客さんがもう使わない中古の品物や人から贈られた新品の品物を査定し、価値に見合った額のお金をその場でて渡しします。その点では買取業者と同じですが、大きく違うのはお金を貸す代わりに一時的に品物を預かることもできるという点です。預かっている期間は元値と利息をお客さんから受けとります。こちらの方が本業ということもできます。 質屋は金融業と買取店を兼ね備えていることから、お金が欲しいから高級な物を担保に預けるのか、もう不要になったから売却してお金に換えたいのかを利用者が明確にする必要があります。もし必要な金額が決まっているのならば、あらかじめ金額を伝えてその値段まで査定額を上げてくれるよう交渉することもできます。また品物によっては値動きが激しい物もあるので店員さんに買取時期について相談してみてもよいでしょう。 貴金属やブランド品などの買取実績を積んでいる質店は、お客さんが持ち込む品物を正確に見極め、鑑定する技術があると言えます。ダイヤモンドやプラチナなどの宝石は非常に鑑定が難しいものですが、永い歴史の中で培われた経験により買取店の中でも信頼できる目利があると言ってよいでしょう。品物を担保にお金を融資するのが本業の質屋ですから当然のことかもしれません。 必要としているお金の額がはっきりしている人は質店の方が交渉しやすいと言えます。質店は金融業という側面がることを念頭に、いくつか品物を持ち込んで査定額の結果から判断するとよいでしょう。