着物の中古品を売る方法

着物の査定する時にどんな基準で価格が提示されるのでしょうか。中古の着物が評価されるポイントについて紹介しています。着物の査定の基準を知れば自分も納得して着物を買い取ってもらうことができるでしょう。

着物の中古品を売る方法 > 着物の査定ってどうやってるの?基準解説

着物の査定する時にどんな基準で価格が提示されるのでしょうか。中古の着物が評価されるポイントについて紹介しています。着物の査定の基準を知れば自分も納得して着物を買い取ってもらうことができるでしょう。

伝統工芸品としての着物

着物の査定基準をある程度知っておくことは着物の買取を依頼する上で必要となってきます。高額買取を期待できるものと言えばやはり伝統ある友禅。京友禅・加賀友禅・東京手描友禅と代表的なものはいろいろありますが、どれも高額が期待できます。宮崎友禅という江戸時代に活躍した絵師がもとになっていると言われ、京から派生して独自の特徴を形成してきました。京友禅の柔らかい色調に金箔や刺繍をあしらった豪華な味わいは昔も今も変わらず人気があります。加賀友禅は雪解け水のきれいな川で糊や余分な染料を洗い流す友禅流しが風情ある風景として有名で赤・緑・紫などの鮮やかな色調に外側から内側に向かってぼかしていく手法、金箔や刺繍は併用されないのが特徴です。東京手描友禅は江戸で生まれた町人文化に根付いているため粋で渋い中にも都会的でお洒落な雰囲気が特徴です。友禅ならばどこのものでも高額査定が期待できます。紬の中でも特に大島紬は着物の査定基準でも高額な部類に位置づけられます。大島紬は奄美大島の伝統工芸品でもあり、昔は普段着として使用されていましたが今では黒褐色の色調に繊細な模様の大島紬は高級着物として大変人気があります。絹糸の依り方や染め方が独特で大変丈夫なので親子3代に渡り着ることができると言われています。友禅や大島紬のような高級着物は信頼のできる着物専門の査定員がいる買取店に査定を依頼することが高額買取の大切なポイントと言えます。

著名な着物作家

着物の査定基準で高い評価を得られる要因として着物作家が手がけたものであるかどうかは大きく関わってきます。着物は芸術品・美術品とも捉えられる側面がありますので作家の名前が烙印されている等の場合は特に高評価が得られる可能性があります。作家の中でも人間国宝であるとか作家の個性が現代にマッチしている、作家の作風が昔も今も変わらず支持されている、という場合は高く評価される傾向にあります。着物作家の人気ランキングと言うものはありませんのでいろいろな時代的要因が加わって最終的な価格が決められることになります。その作家に何か冠があれば確固たる評価が得られるでしょう。その時代背景にあった世間の評価があったりネット上で話題に上っていたりする場合は時代の風潮にのって価格が一段と高くなることが期待できます。作家の例を挙げると羽田富喜男は加賀友禅と京友禅を調和させた友禅の人間国宝でおしどりをあしらった作品が代表的なものです。稲垣稔次郎は絵染の人間国宝であり鈴田滋人は木版と型紙を併用する木版摺更紗を伝承しています。数多くの有名作家や人間国宝の中でも今流行っている絵柄や昔から変わらず支持されている絵柄が特に高く評価されることは間違いないようです。今どんな着物が高く買い取られるかはなかなか分からないものです。着物を見る目のある査定員を擁する信頼できる買取専門店に見てもらうのが1番確実でしょう。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】



 

正絹や訪問着

着物を査定するときには格を問われることがあります。未婚の女性の場合は最も格が高いのは振袖、既婚女性の場合は黒留袖その次に色留袖になります。既婚未婚かかわらず次に続くのが訪問着付け下げ色無地小紋などです。ただ着物の査定額に格付けは関係がない場合が多くランクが上だからと言って買取額が高くなるわけではありません。その着物に需要があり中古でも買う人が多い場合は買取額もそれに比例して高くなるということが考えられます。素材が何でできているかも大きなポイントとなります。1番人気があるのは証券です。正絹は重さを匁で表すので匁が多い正絹の着物ほど高く評価されます。他にも夏に好んで着られる麻でできている着物も査定額が高い傾向があります。麻は風通しが良く涼しいので着物を着る人には必要不可欠なのです。逆にポリエステルなどの化学繊維は査定が低く抑えられることがありウールなどの一般的な素材も同様にあまり需要がありません。着物の種類や用途別に言えば訪問着が最も人気があります。訪問着は着られる場面が多く年代的に幅広い女性から人気があります。中古で売却されたりレンタルで貸し出される際も訪問着を希望する人が多いため買取額も自然と高くなります。次に普段着安い紬イベントごとの留袖小物などが並びます。このように着物はいろいろな観点から最終的な買取額が決められるのです。シミや汚れなど着物の傷みには十分注意しせっかくの着物の評価を下げないよう保管方法には注意しましょう。

老舗呉服店などのブランド着物

着物を査定する基準としてその着物が有名ブランドであるかどうかということが大切になってくる場合があります。有名ブランドと言えばまずは百貨店で売られていたものかどうかと言うことが挙げられます。呉服店から百貨店へと発展した場合が多い高級百貨店ではオリジナルブランドを作っているところも多く老舗呉服店とコラボレーションした魅力的なブランドとして根強い人気があります。独自のターゲットを設定しているのでリピーターとなる客層が多く中古で販売したとしても安定した需要が見込めるのです。高級百貨店は信用度信頼度が高く歴史があり実績があるのでそのまま高品質と認められやすいのです。百貨店以外にも例えば京友禅の千總と言う呉服店東京の竺仙と言う呉服店が老舗としてとても有名です。そういった店で買った着物は買取に出す場合にもそのまま評価が高く見積もられるケースが多いでしょう。またブランドの着物であっても証紙があるかないかでも違ってきます。証紙は着物の品質を示す証明書でもあるのでそれがあるだけで一気にランクがアップします。証紙には素材や製作者産地や織元の名前等が記されており基本的に伝統工芸品や高級着物にだけつくものですのでその着物の品質が保証されていると言う証拠になるのです。伝統工芸による着物や高級店で買った場合は着物の証紙をきちんと残しておくことが高額査定のポイントとも言えます。


>>>満足価格!着物の買取【バイセル】



 

着物の丈や色柄の流行

着物を買い取ってもらう場合着物の丈が重要となる場合があります。最近の日本人はずいぶんと背が長くなっているため中古の着物市場に多くある短めの丈の着物が売れにくくなっているのが現状なのです。長めの丈なら着る人に合わせて長さを詰めることができますが短いものはどうすることもできません。買取業者はどちらかと言えば普通~丈の長い着物を好んで買い取るようです。着物のデザインも重要です。着物は10年周期で流行が来ると言われますがもし10年ほど前によく着ていた着物がまだ残っていればもしかすると今またそれが流行の最先端になっているかもしれません。最近は若者の着物ブームで若い人が好むような模様やデザイン、パステル調の色合いが流行っているようですが昔からある伝統的な古典柄も根強い人気があります。新作の方が必ずしも高値が付くと言うわけでもなく今どんなデザインが流行っているかをよく知る査定のいる専門業者に依頼するのが安心です。その時には着物の付属品や和装小物があればぜひ着物と一緒に査定してもらいましょう。小物は単品で買い取ってもらうより着物や帯などと一緒に買い取ってもらう方がより高い値段をつけてもらえることが多いです。かんざしや和装バック帯締めなどタンスの隅に残っている小物などをきちんと整理して忘れずに査定してもらうようにしましょう。普段なら引き取ってもらえないような付属品も着物と一緒にならと買取ってもらえる場合があります。